コロナ サロン経営

エステ・リラクで出来るコロナ感染予防対策6選と売上UP策!

2020年3月1日

エステ・リラクゼーションサロンで出来るコロナ感染予防対策6選!

こんにちは、FELICITE神戸のナガイです。

今回は、”エステ・リラクゼーションサロンで出来るコロナ感染予防対策6選!”です。

2021年2月現在、緊急事態宣言の発表に伴って美容院・エステサロン・リラクゼーションサロン・マッサージ店などの美容関連の店舗においても新規顧客の減少や既存顧客の予約キャンセル、来店頻度の低下など経営に著しい影響を受けている店舗も多いと思います。

しかし「コロナの感染予防対策を進めているが、サロン店舗の客数が回復しない」と悩んでいるサロン店舗も多いのではないでしょうか。

そこで今回は

  • コロナ禍における不安のメカニズムと対策
  • 心理的なコロナ感染予防対策と集客
  • 物理的なコロナ感染予防対策

について解説していきますね。

コロナの逆境に対して新たなお客様をサロン店舗に呼び込む絶好の機会として、ぜひ準備をはじめましょう。

来店動機を妨げる”顧客の不安解消”で集客UP!

コロナ禍で来店動機を妨げる”顧客の不安”を解消し集客UP!

緊急事態宣言の発令などコロナ禍でテレビから流れてくるものはネガティブな情報が多いので、心理的に多きな不安を抱えている方が増えています。

個人差はありますが、不安とは既に存在する危険を回避する場合や将来起こりうる危機に対して抱くものです。

特にコロナに関しては高齢者や既存疾患(心肺・高血圧・肥満など)をお持ちの方は、感染後の重症化が言われいるため不安を感じやすくなります。

一方で大阪府知事の発言でうがい薬が品切れになるなど、不安を解消する材料を待ち望んでいる点にも注目が必要です。

つまりサロン店舗では感染予防対策は当然として、コロナの不安を少しでも解消してもらうためのメリットをサロンとして提供する事も大切です。

そこで、今一度サロン店舗でお客様に対して何が出来るのが考えてみる事から始めましょう。

免疫とは?

コロナに打ち勝つには当然免疫力がキモとなります。

この免疫力とはコロナを含むウイルス・細菌などから体を守る防御能力のことを言います。

免疫力は加齢や生活習慣や食生活、ストレスなどでも減少してしまいます。

しかし逆に笑いや楽観性、温める、適度な運動などで免疫力UPを図ることが可能です。

一方で自宅に引きこもり、テレビから流れるネガティブなコロナ関連のニュースを見る機会が増えているのも事実です。

ただこのような生活スタイルだと不安が増しストレスが蓄積し、ある意味自らコロナの感染リスクを増大させてしまいます。

そこをサロン店舗として、お客様に提供できるサービスは必ずあるはずです。

例えばエステサロンなどで使われるインディバは、体内深部温度を温める事ができるので免疫力UPやがん予防などもに貢献すると言われていますよね。

これは体温が1度上がると5~6倍も免疫力が上がると言われていますし、また癌細胞は42度の温度で死滅するためです。

もちろんインディバは治療機器ではなく美容機器のため薬事法などにより、その効果効能を直接的にうたうのは難しいですが、機器説明としてどのような作用があるかを伝えることはできるはずです。

物理的なコロナ感染予防対策!

コロナ禍における漠然とした不安を言語化し、感染リスクを低減できるアピールが施術メニューに組み込めたら次はサロン自体の感染予防対策が重要です。

まずは施術者自身の対応(マスク装着・検温)は当然ですが、換気などいかにコロナ感染対策に意識を高く取り組んでいるか重要です。

そのうえで物理的な感染予防対策グッズを買い足していきましょう。

足踏み式消毒ポンプの導入

コロナ感染予防対策を実践しているサロンとして視覚的にもアピールできるのが、足踏み式の消毒ポンプです。

スーパーや病院、百貨店など人が多く集まるところには必ずと言っていいほど置かれていましたが値段がネックでした。

ここにきてようやく安価な商品も出てきており、消毒液自体も薬局などで手軽に入手できる様になったのでお勧めです。

 

オゾン発生装置の導入!

新型コロナウイルス対策として最初におススメしたいのが”オゾン発生装置”です。

オゾン発生装置に馴染みがない方も多いと思いますが、実は日本の救急車などにも搭載されています。

その目的は強力な酸化作用のあるオゾンを人工的に生成させる事で、空気中に浮遊する細菌やウイルス、カビ、そして車内の付着菌まで分解除菌する高い能力を有しているからです。

同種の機能を有した商品として、次亜塩素酸を使用した空間除菌が行えるPanasonicのジアイ―ノなどもありますが、価格は10万円以上に現在高騰中です。一方オゾン発生装置なら、価格も数千円~2万程度とお手頃です。

また私も特殊清掃業者の方がゴミ屋敷の撤去作業をされる際に一度立会したことがあるのですが、強烈な生ごみ臭がする現場でオゾン発生装置をわずか数分稼働させただけで嘘のように生ごみ臭が消えた事を鮮明に覚えています。

またオゾンは太陽からの紫外線を防いでくれる『オゾン層』でも有名ですが、もともと自然界に存在しているもので大気中の放電によって生じたものです。

そんなオゾンが新型コロナウイルスなどに有効であるとされているのは、ウイルスや細菌はオゾンの分子(O3)である酸素原子と反応し酸化分解されるためです。

事実、現在市販されている空気清浄機やPanasonicの次亜塩素酸を使用したジアイ―ノとオゾン発生装置を比較しても、オゾン発生装置はその強力な酸化作用から国民生活センターが注意喚起するほどです。

国民生活センター見解

オゾンは酸化力が強いため、高濃度のオゾンに曝露されると身体への影響も大きい。

家庭用のオゾン発生器から排出されるオゾンに関する規制や基準はなく、高濃度のオゾンが大量に発生している場合には、身体への悪影響も懸念される。
http://www.kokusen.go.jp/test/data/s_test/n-20090827_1.html

オゾン発生装置を製作するメーカーとしても当然新型コロナウイルスを手に入れることが出来ませんから、必ず死滅するというエビデンスはありませんが、ウイルスである以上酸化分解できる可能性が高いと思われます。

またオゾン発生装置を使用して新型コロナウイルス対策として空間除菌を行うには、無人状態で稼働させる事が望ましく営業終了後にタイマー稼働させるのが望ましいです。なお安価なオゾン発生装置であれば2000円台からあります。

 

デュフューザーの導入!

ディフューザーとは、空間にアロマを散布させるための器具『アロマデュフューザー』の事を言います。

このディフューザーは、新型コロナウイルス対策に限らず、毎年大流行するインフルエンザも含めたサロン店舗の感染予防対策としておすすめのアイテムです。

ただし今回ご紹介するアロマデュフューザーが直接新型コロナウイルスに対して有効なのではありません。

アロマデュフューザーに水を入れ抗菌・抗ウィルス作用に効果を発揮するティートリーなどの精油をいれることが感染予防対策の一助になります。

なおアロマの散布方法は複数ありますが、今回はアロマを広く拡散させるのに有効な超音波の加湿アロマデュフューザーをおススメします。

はてな

ティーツリーは、フトモモ科コバノブラシノキ属の常緑植物、学名はMelaleuca alternifolia。精油のティーツリー油はこの植物の葉から抽出されたもの。

精油は消毒、皮膚の問題に用いられ、スキンケア用品に配合されることもある。皮膚刺激性のあるシネオールの少ないものが医療用に推奨されている。
出典:.wikipedia

精油を入れたディフューザーなら、営業時間中でも使用することが出来るのでオゾン発生装置とあわせて導入してみてはどうでしょうか。

 

接触感染予防でコロナ対策!

次亜塩素酸水生成器の導入

新型コロナウイルスの発生以来、手指や清掃目的の消毒用アルコール液は、なかなか店頭でも見かけない状態が続いていますよね。

そこでおススメしたいのが次亜塩素酸水です。

次亜塩素酸水はスーパー銭湯などでもよく清掃時の除菌目的に使用されたりしています。

下記は厚生労働省の内容になりますが、次亜塩素酸水には各種殺菌作用が認められています。

参考

培養した大腸菌、黄色ブドウ球菌、 MRSA、サルモネラ菌、緑膿菌、 レンサ球菌、枯草菌、カンジダ、黒コウジカビの各種微生物を、微酸性次亜塩素酸水(pH5.2、有効塩素濃度 57mg/kg)に添加し、経時的に生菌数を測定し、殺菌効果を検討したところ枯草菌以外の微生物に関しては、1分でほとんどが死滅した。

なお次亜塩素酸水は液体でも販売されてもいますが、上記の通り生成器も手頃な価格で販売されています。

サロン店舗で各種除菌を行いたい場合などに活躍するとおもいます。

なお次亜塩素酸水は、プールの消毒液と同じ成分なので口に入ってしまっても問題ないのですが、次亜塩素酸ナトリウムはキッチンハイターと同じ成分なので拭き掃除などには利用可能ですが、加湿器に入れると発ガン物質が発生するとも言われています。

オートディスペンサー導入

マスクだけでなく手指の殺菌を行う手指消毒剤である、アルコール類も売り切れが続いています。

そこでおススメしたいのが接触感染を極力さけるためにオートディスペンサーを導入する事です。

サロン店舗のアメニティーコーナーに是非設置してみましょう。

薬用手洗い石鹸導入!

 

またオートディスペンサーとあわせて手肌の殺菌・消毒に薬用泡ハンドソープをおススメします。

さきほども記載したとおり、アルコール系の手指消毒剤は売切れているところが多いので、例えば業務用メーカーで有名なサラヤさんならヤシの実からつくられた手肌にやさしい泡状せっけん天然精油イランイラン&ラベンダー配合で薬用除菌できます。

紙雑誌をやめてタブレットに!

サロン店舗において、接触感染の最たるものとして取り上げられているのが紙雑誌です。

待ち時間の際にお客様に読んでもらう雑誌類は、元々ヘアサロンでは雑誌の間に髪の毛が挟まるという問題や経費負担も決して安くはない事情もありました。そこに今回の新型コロナウイルスの発生。

さすがに紙雑誌をアルコールスプレーで除菌することは出来ませんよね。そこでオススメしたいのが楽天マガジンです。

楽天マガジンの主な特徴は下記の通りです。

ポイント

・人気雑誌が450誌以上読み放題
・今日から31日間お試し0円
・月額380円、年額3,600円(税抜)
1アカウントで5台までOK
・楽天スーパーポイントが貯まる
・楽天スーパーポイントで支払える
・アプリ評価4の使いやすさ

なお利用規約において「商用目的で利用すること」は禁止されているため、法人の場合は法人プランを選択下さい。

 

まとめ

以上、エステ・リラクゼーションサロンで出来るコロナ感染予防対策6選!!はいかがでしたか?

不要な外出は自粛モードの同調圧力もありますが、お店を運営する経営者としてはお客様に来店頂かないと死活問題ですよね。

そこでまずは今回ご紹介した物質的な感染対策だけでなく、ソフト面(ルール)でも感染対策は必須です。

例えば施術者自身がしっかりとした新型コロナウイルスの感染予防対策(マスク・うがい・手洗いなど)をしていること、そしてお店自体も新型コロナウイルス対策をおこなっていることをホームページや店内掲示で告知して下さい。

それが顧客に正確な情報と安心感を得て頂くことになり来店動機の1つに繋がり、他店との差別化になります。

またお客様からの感染リスクをさげるためにも、熱が有る方に関しては当日キャンセルについても無料にする旨を告知してみるのも1つの方法です。

例えば37度以上あるお客様については、ご入店をお断りしておりますといった告知をしても良いとおもいます。

ポイント

・オゾン発生装置で空間除菌
・精油アロマでも空間除菌
・薬用せっけんで除菌
・センサー活用で接触感染予防
・ソフト面でも感染対策を!

 

  • この記事を書いた人

ナガイ タツヤ

30歳からの小さなサロンの開業術は、施術者の皆さんにとってサロン開業が身近なものになる様、起業から運営、確定申告など役立つ情報を発信してします。 【経歴】20代で美容室、ネイルサロンのマネジメントを経験。現在は大阪市内で商業不動産のコンサルティング仲介&東京のIT会社で総務経理&神戸でレンタルサロンを運営しています。

-コロナ, サロン経営
-, , , , , , , , ,

Copyright© 30歳からの小さなサロンの開業術 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.