本ページはPRが含まれています

エステサロン パーソナルジム 店舗経営 脱毛サロン

チョコザップ(chocoZAP)のビジネスモデル解説!フランチャイズや経営戦略は?

2022年8月30日

チョコザップ(chocoZAP)のビジネスモデル解説!フランチャイズや経営戦略は?

こんにちは、長井 達也です。

今回は『チョコザップ(chocoZAP)のビジネスモデル解説!フランチャイズや経営戦略は?』について詳しく解説します。

RIZAPグループが2022年に始めた、セルフフィットネスジム「chocozap」ですが、驚異的な成長を遂げています。

パーソナルジムで培ったノウハウを活かし、セルフサービスの手軽さと低価格を両立させたこの事業は、多くの人々の注目を集めています。

急成長する会員数と店舗数

2023年3月時点で会員数が35万人を超え、2024年5月現在では退会者を除いた会員数が120万人を突破

また、店舗数も2023年3月末の479店舗から、2024年5月現在では1500店舗を超えるまでに増加しています。

この急成長の背景には、優れた立地戦略と無人管理によるオペレーションなど効率的な運営にあると言えます。

魅力的な立地と効率的な運営

チョコザップは視認性が良い路面店を中心に展開していましたが、認知度が上がるにつれて最近では空中階への出店も増えています。

物件の広さは35坪以上、賃料の中央値は13000円以下あたりだと推測しています。この戦略により、コストを抑えつつ魅力的な立地で顧客を引きつけています。

チョコザップの特徴

チョコザップの魅力はその利用しやすさにあります。

  • 月額2,980円(税込3,278円)で24時間365日使い放題
  • フィットネスだけでなく、セルフエステやセルフ脱毛も可能
  • 会員登録や入退室、予約は全てアプリで完結(即日入会)

積極的なマーケティング戦略

チョコザップは、オフライン(チラシ投函、駅前配布、店舗前配布)とオンライン(SNS、PPC広告、アフィリエイト広告)のハイブリッドマーケティング戦略に積極的に広告予算を投入しています。

この多角的なプロモーションにより、広範な顧客層にアプローチし、短期間で多くの新規会員を獲得しています。

この成功により、競合他社にとってチョコザップは大きな脅威となっており、業界全体に強い影響を及ぼしています。

 

この記事で解説する内容

この記事では、以下の点について詳しく解説します。

  1. チョコザップ(chocoZAP)とは?
  2. チョコザップ(chocoZAP)のビジネスモデルとは?
  3. チョコザップ(chocoZAP)の利益率・損益分岐点は?
  4. チョコザップ(chocoZAP)の課題は?

これらの詳細を明らかにし、チョコザップのビジネスモデルについての理解を深めていただきます。興味を持たれた方は、ぜひ最後までお読みください。

 

チョコザップとは?

チョコザップとは?

チョコザップ(chocozap)は、フィットネス継続率の低さに着目し、低価格(月額2980円)で初心者や運動嫌いな人向けに簡単なプログラムの提供を開始。

2022年5月2日に独自ドメインを取得してから、事業の立ち上げからわずか2年で1500店舗と急速に拡大しています。

現在では、フィットネスだけではなく、セルフエステやセルフ脱毛など多彩なサービスを提供する事で、ジムの“コンビニ化”を目指して競合との差別化を図っています。

つまり、シェアリングエコノミー型ビジネスモデルとロングテール戦略を組み合わせる事で多彩な顧客ニーズに対応した結果、多くの業界にディスプラクションを起こす可能性があります。

1位チョコザップRIZAP株式会社80.0万人2023年8月15日21:30時点
2位エニタイムフィットネス株式会社Fast Fitness Japan78.0万人2023年6月末時点 
3位カーブス株式会社カーブスジャパン77.2万人2023年5月末時点 

 

リーズナブルな価格と簡単なプログラム

チョコザップは、月額2980円(税別)のサブスクリプションモデルを採用しており、フィットネスジムとしては非常にリーズナブルな価格設定です。

ターゲットは初心者や運動が苦手な人であり、1日わずか5分の「ちょいトレ習慣」を提案しています。これにより、運動を無理なく続けられる環境を整えています。

多彩なサービスで差別化

さらに、チョコザップはフィットネスだけでなく、セルフエステ、セルフ脱毛、セルフネイル(ネイルプリンター)など、多彩なサービスを提供しています。

これにより、フィットネスジムの“コンビニ化”を目指し、他社との差別化を図っています。

最近では、ドリンク機器、電動マッサージチェア、ワークスペース、セルフホワイトニング、ゴルフ練習場、洗濯乾燥機、シェアサイクルなど、さらに多様な設備を備えた店舗も登場しています。

急速な拡大と高い認知度

チョコザップは東京をはじめとする関東地域で急速に店舗を増やしており、2024年5月時点で1500店舗を超えています。

この破竹の勢いでの拡大は、新規オープンが続々と予定されていることからも明らかです。この急成長には、RIZAPの高いブランド認知度と豊富なノウハウが大きく貢献しています。

競合と差別化

競合としては、カーブス(日本では2000店舗、月額7000円台)や24時間フィットネスのJOYFITの別業態(FIT365、月額2980円)があります。

一方、チョコザップはRIZAPの知名度とブランディング、独自のノウハウを活かして差別化を図っています。

シェアリングエコノミーとの融合

さらに、チョコザップのビジネスモデルは、フィットネス業界に留まらず、シェアリングエコノミー型のビジネスモデルを採用しています。

例えば、カーシェアリングが車の稼働率を高めるように、チョコザップは多岐にわたるニッチな需要に対応する空間を提供しています。

これにより稼働率を高め、経済的な効率を追求しています。

サブスクとロングテール戦略

チョコザップはNetflixと同様、サブスクリプションモデルとロングテール戦略を組み合わせて展開しています。

これにより、多様なサービスを提供し、多くの顧客ニーズに応えています。

将来の展望とリスク

このようなビジネスモデルにより、チョコザップは今後、多くの業態や業界にディスラプション(革新)を起こしていくことが考えられます。

つまり、チョコザップの成長と進化は、フィットネス業界に限らず、広範な市場に影響を与える可能性があります。

しかし、事業継続年数とともに新規入会率の低下と退会率の上昇が生まれる可能性もあります。

そのためNetflixが携帯キャリアのパックサービスで提供している様に、インフラサービスに付帯したパック料金なども今後は検討していく必要がありそうです。

チョコザップの内容

・初心者でも、運動嫌いでも続けやすい
・24時間営業で月額2980円(税別)の低価格
・初心者でも使いやすい、日本人の骨格にあわせた完全特注マシン完備
・使い方がわからなくても安心!マシンの使い方動画で詳しく解説
・セルフエステやセルフ脱毛もOK

 

チョコザップのフランチャイズ展開は?

チョコザップのフランチャイズ展開は?

チョコザップでは現在、FC加盟店を募集している動きはありません。

これは顧客の契約継続率を伸ばすため敏速な経営判断を行えることが、チョコザップのビジネスモデルでもあるからです。

言い換えるなら、チョコザップでは足かせとなるフランチャイズ展開が不向きだと言えます。

事実、RIZAPが2022/09/28に発表した中期経営計画説明資料では、チョコザップ(chocoZAP)などの成長事業に 500億円規模の投資を予定。(23/3期~26/3期)

同一沿線に集中出店するなど、ドミナント戦略でチョコザップ(chocoZAP)を出店していく事が明記されています。

以上から、今後もチョコザップではフランチャイズ加盟店の募集は行わず、直営店舗による出店が予想されます。

 

チョコザップのビジネスモデルと損益分岐点

今回、大阪市中央区久太郎町3丁目(約28坪 坪単価2万円前後)に2022年9月16日オープンするチョコザップ本町店を元に計算していきたいと思います。

まずチョコザップ(chocoZAP)のベースとなる売上は、1顧客あたり月額3278円を徴収するサブスクモデルの定額料金です。

次に基本的には無人管理となるため、経費としては賃料、光熱費、内装造作・備品類の減価償却・通信費(光ファイバー)・クレジットカードの決済手数料などがあります。

※本部経費である販管費は考慮していません。

これらを考慮して損益分岐を計算すると、上記の表の通り月間280人の顧客数が必要となりました。

この事からチョコザップを安定経営していくためには、顧客を効率よくストックしLTVを伸ばしていく施策が重要となります。

はてな

LTVを直訳すると顧客生涯価値となり、一人のお客様が最初の来店から最後の来店までに支払ってくれた総収益になります。

そのためハード面ではセルフのフィットネスジムが多いエリアに出店し、顧客を塗り替えていく必要性があります。

そして顧客を飽きさせない、来店動機の拡張(=コンビニ化)が重要になります。

一方ソフト面では、顧客のモチベーションを維持させる事がなにより大切になるのではないでしょうか。

 

チョコザップの課題は?

チョコザップの課題は?

立地面の課題

チョコザップ(chocoZAP)の出店戦略ですが、セルフのフィットネスジムやスポーツジムが出店しているエリア(職住近接)の1階路面店舗をメインに出店しています。

カーブスが出店している店舗の出店要件が空中階で坪単価1万円程度(EVなしでも可能)なのに対し、チョコザップは2万円超の物件でも出店します。

確かに、好立地な場所にチョコザップを出店すれば認知度UPに貢献しますが、その分損益分岐点も上昇してしまいます。

これはカーブスが完全にコミニティービジネスであるのに対し、チョコザップ(chocoZAP)はハコモノビジネスである点を物語っています。

つまり顧客数を維持してLTVを伸ばしていく上では、カーブスの戦略が有利だと言える状況です。

なお男女両方を顧客として取り込めるという点では、チョコザップ(chocoZAP)にも勝機があると言えます。

集客面の課題

チョコザップ(chocoZAP)の集客は、駅前でビラを配ったり、ポスト投函したりとオンライン・オフラインのハイブリッドで販促を展開しています。

コロナ禍で同業他社のシニア層が多くが退会したため、これらの見込客にアプローチするためオフラインによる販促を強化しているのだと思われます。

長井
フィットネス業界は月4~5%程度の退会率と言われているのですが、年齢が上がる事にLTVが伸びるという特徴があります。

ただし潤沢な資金を元に販促を行っても、見込客へのリーチが一巡すれば、以後の顧客獲得コストは急激に上昇に転じるはずです。

そこでチョコザップでは今後、紹介制度や、退会者の掘り起こしも強化していくのではないでしょうか。

ハード面の課題

チョコザップのハード面(設備)については、常に顧客を飽きさせない来店動機の拡張が重要です。

実際、当初は無かった機器(ドリンクバー、ネイルプリンター、電動マッサージチェア、ワークスペース、ゴルフ練習場)が続々と投入されています。

今後は、コインロッカーやコインシャワーなども追加するのではないでしょうか。

これは、顧客層を広げていく過程でどうしても単一価格では収まらなくなるため、どこかでアップセルが必要になるからです。

なおシャワーブース単体の設置であれば、公衆浴場法やそれに付随する条例には接触しません。

また世の中で思っている以上に外出先で着替えたい(営業のサラリーマンや、ランナーズステーションとしても24時間というのは魅力)というニーズが幅広く存在します。

そのため都市型チョコザップと郊外型チョコザップなど、差別化していく可能性も考えられます。

次に、セルフエステやセルフ脱毛、ワークスペースなどは事前予約制なのですが、スマートロックなどの仕組みがないため無断利用のトラブルもあります。

このあたりは顧客のITリテラシーなどのジレンマもあるため難しい問題です。

ソフト面の課題

チョコザップを監修するRIZAPは、スポーツジムのアンチテーゼとして「結果にコミット」する事で売上を伸ばしてきたパーソナルジムです。

その成功体験を否定し、ビジネスの根幹である”人”を排除した無人店舗のチョコザップが、どこまでLTVを伸ばす事が出来るのか正直疑問です。

何故ならモチベーションを維持させる事でLTV(生涯顧客価値)を伸ばしていく事が、サブスクモデルには重要になるからです。

また清掃の不行き届きなどもクレームや退会率の上昇にも繋がるため、クレンリネスをどう解決していくのかも重要な課題です。

アプリの課題

チョコザップでは「アプリ」を通して、結果にコミットしていく方針です。

確かに、省人化・無人化に繋がる効率の良い施策に思えますが、そもそもアプリのコンテンツは、まだまだ改良の余地が残されています。

例えば、自宅でもトレーニングできる様に「RIZAP現役トレーナーによるLIVE配信」など、コンテンツ動画の見放題などが無料提供されています。

しかし、最近ではyoutubeでも充分な動画コンテンツが揃っていますよね。

アプリ機能として必要なのは動画コンテンツではなく、分かりやすい報酬(現金・景品など)、いわゆるゲーミフィケーション機能だと思います。

さらにスマホアプリの良し悪しを決めるのは、SIer(システム開発を請け負う企業)ではありません。

発注するチョコザップ側に適切な人材が揃っていないと、当然ながら良いアプリは出来ないため、しばらくアプリ開発は苦戦するのではないでしょうか。

なお1点気になるのは、チョコザップ(chocoZAP)の入会特典で、スマートウォッチ(ウェアラブルデバイス)を提供している点です。

例えば住友生命の「Vitality健康プログラム」では、スマートウォッチ等により取得したバイタルデータを登録することで、保険料金を割引く事ができます。

このようなプログラムをRIZAPが保険会社(ライフネット生命あたり?)と提携し、サービス提供した場合は面白い展開になるかもしれません。

差別化の課題

チョコザップのビジネスモデルは、類似するフィットネスジムを産む結果となりました。

サービス名価格(税抜)ビジネスモデル対象特徴
chocozap
2,980低価格・24時間・365日・コンビニ化初心者・直営店舗のみ
・全店舗相互利用可
FIT365
2,980
低価格・365日・有料オプション初心者~
上級者
・JOYFIT24の姉妹ブランド
・フランチャイズ展開
LifeFit2,980低価格・24時間・365日初心者~
上級者
・1回利用も可(500円)
・フランチャイズ展開
fitplace2,980低価格・24時間・365日初心者~
上級者
・契約期間の縛り在り
・フランチャイズ展開

なお、チョコザップは他社がフランチャイズ展開している中、直営店舗のみで相互利用ができるという特徴を持っています。

この特徴を最大限活かすためには、今後も「コンビニ化」を進め、フィットネス以外の利用用途でも顧客の心をつかんでいく必要があります。

その際、限られた面積の中でフィットネス以外の需要にも対応していくには、より繊細な出店計画が必要になるのではないでしょうか。

それと同時に、チョコザップではミニマムでは35坪ぐらいから店舗展開していますが、今後は50坪を超える中型店舗も主流にしてくのではないでしょうか。

 

まとめ

以上” チョコザップ(chocoZAP)のビジネスモデル解説!フランチャイズ展開は?”はいかがでしたか?

2023年、日経トレンディが選ぶヒット予測の第1位は「コンビニジム」に輝きました。

事実、チョコザップの「ちょいトレ習慣」だけでなく、コナミスポーツでも「ゆるジム通い」と銘打ってライトユーザーを取り込むなど、この年は「コンビニジム」元年となりました。

これは、日本の人口動態を考慮すると、「意識高い系」よりも運動が苦手な人や高齢者を主要ターゲットに据えるのは自然な流れなのかもしれません。

しかし、日本人は国民皆保険制度によって予防医学にはあまり興味がない一方で、医療保険には熱心な国民性があります。そのため、報酬のないトレーニングを広めるのはまだ時期尚早かもしれません。

そこで、チョコザップ(chocoZAP)では、​「フィットネスジム」というカテゴリーに縛られず、24時間営業の1000店舗という規模を生かした「サービス業のコンビニ化」を模索しています。

つまり、チョコザップの見方を変えれば、小口の転貸ビジネス(不動産ビジネス)を行っているとも言えそうです。

またチョコザップは今後、「美容」「ライフスタイル」「エンターテイメント」などの領域で独自のソフトウェアコンテンツを提供し、セルフエステ(脱毛・ホワイトニング・ネイル)・コワーキング・ランナーズステーション・有料パウダールームなど、さまざまな業界に存在する短時間のニッチ需要を寄せ集める事で、 ディスラプション(破壊的変革)を起こす事になると思います。

これは、まさに「ロングテール戦略」そのものであり、一時的なブームに左右されず、安定して顧客の長期的な価値(LTV)を高める可能性があります。

例えば、ホワイトニングをされる方というのは、就職や婚活など目的を持った方よりも「漠然」と白い歯になりたいという事で始められる方が多く、ネットフリックスにも似通ったロジックです。

しかし、チョコザップが「ロングテール戦略」を採用する場合、限られた面積で多品種の品揃えを提供する必要があります。

そのため、店内に設置した防犯カメラをAIカメラとして活用し、顧客の行動履歴を分析し、アプリを通じてプッシュ通知を送るレコメンド機能など、IT技術の活用が求められます。

さらに、薄利多売なビジネスモデルだけでなく、都市型や郊外型などの専門性を持たせ、提供するサービスをアップセルする取り組み(有料オプション)も登場する可能性があります。

今後、他社との競争が激化する可能性もあり、「コンビニジム」業界はますます注目されるのではないでしょうか。

ポイント

・チョコザップは2022年に事業を開始して現在で1000店舗を超える事業展開(2023/9/27現在)
・月額2980円(税別)という低価格を武器に既存のフィットネス事業と差別化。
・チョコザップはサービスのコンビニ化という新しいビジネスモデル。
・RAIZAPで蓄積されたノウハウが生きないとLTVが失速する可能性も。

  • この記事を書いた人

運営者 長井 達也

独立開業を考えている施術者の皆さんに、開業・運営、集客、確定申告などに関する役立つ情報を提供しています。リラクゼーション、エステ、整体、整骨、鍼灸など、ジャンルを問わず独立開業と運営に関する個別コンサルティングも行っています。お気軽にご相談ください。

【経歴】ヘアサロン・ネイルサロン・リラク・鍼灸院の立上げ・居酒屋の立直し・IT企業で総務・経理など幅広い経験があります。現在は商業不動産のリーシングやレンタルサロン運営を行いつつ、コワーキング・農業・陸上養殖・地方創生に興味があります。

-エステサロン, パーソナルジム, 店舗経営, 脱毛サロン
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 30歳からの失敗しない小さなサロンの開業術 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.