その他

エアコンだけだと寒いサロン店舗の暖房対策!オススメ暖房器具3選!

2019年1月6日

エアコンだけだと寒いサロン店舗の暖房対策!オススメ暖房器具3選!

こんにちは、FELICITE神戸のナガイです。

今回は、”エアコンだけだと寒いサロン店舗の暖房対策!オススメ暖房器具3選!”です。

お店全体を暖房する際、暖房スピードや光熱費などを考えると当然エアコンなどは必須です。

しかし鍼灸や痩身を行うエステサロンなど、お客様に素肌を露出してもらう必要があるサロンでは、エアコン+暖房器具という組み合わせが必要です。

そこで今回の記事では、

  • サロンにオススメな暖房器具3選
  • 暖房器具以外の寒さ対策

について解説していきます。

サロンにおススメの暖房器具は?

暖房器具には、お部屋全体を温める暖房器具、スポットで温める暖房器具、またウォームストーンやフットバスなど温かさを提供する道具があります。

これらを効果的に組み合わせて活用し、それと同時に外気の冷気をシャットアウトする対策も重要です。

ただし暖房器具によっては電気料金が明らかに跳ね上がるものもあるので注意が必要です。

お部屋全体を温める暖房器具
ルームエアコン・・電気代1時間あたり約25円~

サロンにおススメの暖房器具は?

お部屋全体を瞬時に温めたい場合、ガスファンヒーターや石油ストーブなどを活用すればすぐに温める事が可能です。

ただし換気の必要性や匂いの問題はもちろん、貸店舗物件では石油ストーブなど可燃物を利用出来ない物件も多くあるためサロン店舗での導入には難ありといえます。

そこでお部屋全体を素早く温めるには、やはり暖房効率の良いのエアコンになります。

ちなみに皆さんは開店何分前に出勤されていますか?30分~60分前ぐらいにお店に入る方が多いと思いますが、冬の寒い時期だと30分ではお部屋が温まらないケースもありますよね。

そこでオススメするのが、スマホアプリで外からエアコンを操作できる下記の様な家電コントローラーです。

家電コントローラーとは、スマホアプリを使って、外出先から家電を操作することが出来る道具です。

例えば、お店につく前にエアコンの電源をON・OFF出来るのは当然ですが、時間設定などルールを決めて、自動で家電を操作することができます。

これにより、

ココがポイント

①お店に近づいたらエアコンをつける

②部屋の温度を自動で管理する

③毎日決まった時間にエアコンをつける

などができる様になります。
※家電コントローラーの性能により異なります。

なお主要メーカーのエアコンなら特別な設定なく、WIFI環境と家電コントローラーがあればすぐにエアコンの遠隔操作が可能になります。

ただし、ルームエアコンではななく赤外線リモコンのない天カセ(天井設置のエアコン)の場合には遠隔操作はできません。
その場合はスマホアプリで遠隔で物理的にスイッチを押せる下記のような商品があるのでこれらを検討してみるのもありですね。

ちなみにこの商品、タイマーの設定まで出来て1個5000円ほど。意外と手軽に導入出来ます。

お部屋のスポットを温める暖房器具
ヒートマット・・電気代1時間あたり約1.89円~

痩身やアロマオイルなどの施術を取り入れているサロン店舗であれば冬場の必須アイテムとなるのが、ヒートマットです。

なお家電量販店でよく3000円前後から販売されているのは、電気敷毛布になります。サイズも小さく施術ベットには合いません。

またエステ向けの業務用であれば温度もかなり高温に設定できるのでオススメです。

お部屋のスポットを即暖で温める暖房器具
セラミックファンヒーター・・電気代1時間あたり約32.4円~

エアコンと併用して使用したいのが即暖の暖房機器、セラミックファンヒーターです。

セラミックファンヒーターはエアコンに比べて電気代が高いので、エアコンと併用して利用するのがオススメです。

なおセラミックファンヒーターが活躍するのはお部屋内の寒暖差の解消です。

暖かい空気は上に、冷たい空気は下に流れるため例えば椅子に座りながら足湯をする場合など、お部屋全体は温かいのに座っている姿勢では寒いという事もあります。

またタイ古式など床に直接マットを敷いて施術する場合などでもエアコンだけでは寒さ対策が不十分になりますよね。


寒暖差を無くす事と同時に、即暖というのがファンヒーターの魅力です。
またこちらの商品なら人感センサー搭載なので、お手洗いなどの設置にも最適ですね。

 

窓からの冷気を遮る
ハニカムシェード・・電気代1時間あたり0円

冬の寒さを暖房機器だけで解決しようとするとどうしても電気代がかかってしまいますよね。

そこでおススメするのが、断熱・保温効果でお部屋を快適にするハニカムシェードです。


一般的なカーテンやブラインドと異なり断熱・保温効果に優れたハニカム(蜂の巣)構造のスクリーンです。

いまカーテンがついてる窓の場合は、その内側である窓枠にはめ込んだりすればより効果的ですよね。

またハニカム構造によりつくられた空気層が、夏は涼しく冬は暖かく、お部屋を快適に保てます。

また窓際の結露対策としては、ウインドウラジエーターという道具もあります。

まとめ

以上、”エアコンだけだと寒いサロン店舗の暖房対策!オススメ暖房器具3選!”はいかがでしたか?

熱の伝わりは対流と伝導、放射の3つから起こります。

例えば雪で作ったかまくらの中が温かいのは、体から放射された熱によりかまくら内の空気が温められ、温められたかまくら内の空気が対流する事で温かさを感じます。

また、かまくらは雪の壁により熱が外から伝わるのを防いでくれますよね。

つまりお部屋も同じで快適な温度に保つには、エアコンやファンヒーターで放射と対流を行い、外部からの冷たい冷気が窓から伝導しないように遮る事が重要です。

・スマート家電を導入する事でお店につく前からお店を温めましょう!
・お部屋を快適に保つには、エアコン・ヒートマット・ファンヒーターを導入しましょう。
・熱の伝わりは対流と伝導、放射あるのでそれぞれに対応が必要。
  • この記事を書いた人

ナガイ タツヤ

30歳からの小さなサロンの開業術は、施術者の皆さんにとってサロン開業が身近なものになる様、起業から運営、確定申告など役立つ情報を発信してします。 【経歴】20代で美容室、ネイルサロンのマネジメントを経験。現在は大阪市内で商業不動産のコンサルティング仲介&東京のIT会社で総務経理&神戸でレンタルサロンを運営しています。

-その他
-,

Copyright© 30歳からの小さなサロンの開業術 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.