エステサロン 個人事業主 確定申告 自宅サロン

エステサロンを経営する個人事業主さんの確定申告ガイド2021!経費別の勘定科目まとめ

2019年11月18日

エステサロンを経営する個人事業主さんの確定申告ガイド2021!経費別の勘定科目まとめ

こんにちは、FELICITE神戸のナガイです。

今回は”エステサロンを経営する個人事業主さんの確定申告ガイド2021!経費別の勘定科目まとめ”です。

個人事業主としてエステサロンを開業し、はじめて確定申告をする際は分からない事が多くて皆さん不安になると思います。

確定申告をしなければ、本来納付すべき税額に加えて税額に応じた罰金(無申告税)の支払い、さらに延滞税などの支払いが求められますし、悪質な場合には刑事罰もありえます。

しかし確定申告は内容とコツさえ理解すれば、小さい頃にだれもが一度は記入した事のある【おこづかい帳】と大差ありません。

そこで今回の記事では、

  • 個人でエステサロンを開業した場合に必要な確定申告とは?
  • エステサロンにおける確定申告の準備方法
  • エステサロンにオススメの確定申告ソフトは?

について解説していきますね。

確定申告とは?

 確定申告とは個人事業主の方が1月1日~12月31日までの1年間の所得(=売上-経費)を、翌年の2月16日~3月15日の間に税務署へ報告する事を言います。

なお個人事業主とは、会社などは設立せずに個人で商品やサービスの対価としてお金を貰う仕事を行っている人の事を言います。

ですから例えば自宅サロンとしてエステサロンを開業した場合でも、立派な個人事業主になります。

 

ココがポイント

個人でエステサロンを開業=個人事業主とになります。

なお個人事業主としてエステサロンを開業した場合でも、所得金額(売上ー経費)によっては不要になる場合があります。

所得金額とは?

所得金額=売上− 必要経費

そこで個人事業主としてエステサロンを開業した方で確定申告義務が生じる判断基準を下記の表にまとめました。

副業でエステサロンを開業したセラピストさん

所得金額が年間20万円を超えた場合、確定申告が必要

たとえば週末だけ自宅サロンを開業し、普段は会社勤めで給与を貰っている方の場合、20万円未満の所得金額であれば確定申告は不要です。

本業でエステサロンを開業したセラピストさん

所得金額が年間48万円を超えた場合、確定申告が必要

次は本業として個人でエステサロンを開業した場合、所得金額が48万円を超えなければ確定申告は不要です。

これは基礎控除と言って所得金額から48万円を差引いた金額に対して所得税が課税されるためです。

例えば年末から営業を始めた場合などは確定申告が不要になる場合もあるかもしれませんね。

確定申告しなかった場合の罰則は?

個人事業主としてエステサロンを開業したのに確定申告を行わずその事実が税務署に発覚した場合、本来納付すべき税額に加えて税額に応じた罰金(無申告税)の支払が生じます。

さらに延滞税などの支払いも税務署から求められる事になりますが、悪質な所得隠しの場合には刑事罰になる場合も有ります。

ココに注意

無申告加算税:
確定申告を忘れていた人に掛かる罰金

延滞税   :
期限までに税金を収めなかった人に掛かる利息

重加算税  :
過小申告した人にかかる罰金

ですから個人事業主となり確定申告の対象となった場合、”よく分からないから”、”めんどくさいから”といった理由で確定申告をしなかったでは済まされません。

必ず確定申告を行って下さいね。

またあなたに対価を支払った法人や個人の方が施術代金を経費として処理する事で、あなたの無申告が税務署で把握される事にもなります。

確定申告の準備1 開業届の提出

整骨院を開業したら確定申告前に開業届を税務署に提出しよう!

それでは個人事業主として、エステサロンを開業された方が確定申告を行うための一連の流れについて解説していきますね。

まず初めに個人事業主としてエステサロンを開業したら、税務署に開業届を提出する必要があります。

開業届とは個人事業主として”新しくお金を貰う仕事を始めた”時に1ヶ月以内に税務署に提出する必要がある書類の事を言います。

開業後にまだ開業届をだされていない方は遅れて提出してもペナルティーはありませんから、確定申告より前に開業届の提出を済ませておきましょう。

個人でエステサロンを開業した場合に
必要な資格・許可
届出先費用
開業届税務署無料

なお手軽に開業届を作成されたいなら開業freeeがオススメです。

開業freeeなら、簡単な質問に答えるだけで開業届が無料で作成できます。

さらに確定申告の際に税金がお得になる”青色申告承認申請書も同時作成する事が出来ます。

後は作成した開業届を2部印刷し、最寄りの税務署に郵送すればOKです。この時、必ず返信用封筒をつけましょう。そうすれば税務署から1部控えとして返送してくれます。

※開業届の控え(税務署からの返送分)は、個人事業主の証明書として役立ちます。

 

確定申告の準備2 銀行口座の開設

 確定申告の事前手順2 個人事業専用の口座開設&クレジットカード作成!

個人事業主としてエステサロンを開業し、開業届を提出したら次は仕事用に専用の銀行口座開設がおススメです。

銀行口座を開設する理由は、最近の確定申告書を作成するソフトは銀行やクレジットの取引データをweb上で自動的に取込み、かつ自動的に判断して帳簿作成まで出来るからです。

たとえば整骨院の日々の売上を入金したり口座引き落としで利用する仕事用の銀行口座とプライベートの銀行口座を分けて管理すれば、確定申告を手軽に出来る様になりますよね。

なお下記が大手ネットバンキングと確定申告サービスとの対応状況です。

確定申告ソフトとの連携(2020年2月調べ)
弥生の確定申告会計ソフトfreeeマネーフォワード確定申告
ジャパンネット銀行〇対応 API連携〇対応 API連携〇対応 API連携
楽天銀行
○対応 API連携○対応
住信SBIネット銀行○対応 API連携○対応○対応 API連携

API連携とは、外部のシステム(同士が連携してデータをやり取りしてくれるというもの。
上記の表を見る限り、確定申告をする上ではジャパンネット銀行が総合的にオススメていう事になります。

※今年の確定申告に間に合わない方は来年にむけて開設しておきましょう!

 

確定申告の準備3 領収書の整理

整骨院を開業した場合の確定申告書の種類

個人事業主としてエステサロンを開業し営業を開始したら、日常の営業を行う上でトイレットペーパーや箱ティッシュなど、こまごまとした消耗品を最寄りのスーパーなどで購入したり、インターネットを引いたり家具を購入したりと支出が増えますよね。

これらお店を運営するために発生した必要な出費が、『経費』となります。

これら必要経費にお金を支出したというエビデンスが、領収書になります。

なお各種経費の支払時に発行される領収書は、所得税法により保管期間が定められており適切に領収書類を保管する必要があります。

※領収書の保管期間については確定申告(青色申告又は白色申告)の種類に応じて下記の通りになります。なお保存期間の起算は確定申告の申告期限日からとなります。

申告種類青色申告白色申告
領収書保存期間7年間5年間

国税庁hp:領収書の保管期間について

また確定申告を行う個人事業主の方が行う、一般的な領収書の保管方法は下記の通りです。

注意ポイント

・A4用紙をパンチで穴をあける。
・A4用紙に領収書を月毎に糊付け。
・領収書は1年単位でファイリング。

以上が一般的な領収書の整理、保管手順になります。
正直、領収書の保管や管理は大変ですよね。可能であれば出来るだけクレジットカードで支払うことがオススメです。

 

確定申告書の種類

個人で鍼灸院を開業したら必要になる確定申告て何??

個人事業主の方が確定申告を行う際、確定申告書という書式に必要事項を記載して確定申告をおこないます。

なおこの確定申告書には確定申告A、確定申告Bと呼ばれる2種類の申告書があります。

基本的には、個人でエステサロンを開業し例えば週末だけ自宅サロンや出張で営業し、普段は正社員やアルバイトとして働いている方の場合は、確定申告Aで。

一方、あなたが個人で開業したエステサロン以外に所得がない方の場合は、確定申告Bという書式で確定申告を行う事になります。

確定申告A確定申告B
・会社員やアルバイト・パートの方が副業で稼いだ売上を申告する場合個人事業主(本業)

確定申告の区分

さて個人でエステサロンを開業し、確定申告を行う場合には確定申告書には働き方によって2種類(確定申告A、確定申告B)あると説明しましたね。

また確定申告には税制メリットの違いなどから青色申告・白色申告・雑所得 の3種類の区分に分かれます。

それぞれは下記の通りです。

1.青色申告:継続的な収入があり税務署に「青色申告承認申請」を提出した方。
2.白色申告:継続的な収入があるが税務署に「青色申告承認申請」を提出してない方。
3.雑所得:継続的な程度の収入が無く開業届を提出していない方。

つまり個人でエステサロンを開業した場合、青色申告or 白色申告のどちらかで確定申告を行う事になります。
それぞれの違いは下記の通りです。

白色申告・青色申告の比較表

確定申告
の種類
白色申告青色申告
届け出の必要なしあり
所得控除額なし10万円55万円
帳簿の種類単式簿記単式簿記複式簿記
赤字の繰越繰越不可3年繰越可能

※複式簿記は、一般的な簿記知識が必要です。

令和2年分からの変更ポイント

令和2年分の確定申告より下記が改正となりました。

[改正1]
・青色申告特別控除額が変更されました。
(65万円⇒改正後 55 万円)
・基礎控除額が変更されました。
(38万円⇒改正後 48 万円)

[改正2]
e-Tax にて電子申告を行うと青色申告特別控除額は改正前と同じく65万円が適用。

それでは、更に詳しく青色申告と白色申告の違いについて説明しますね。

青色申告とは?

青色申告とは確定申告をしようとする年の3月15日までに税務署へ、所得税の青色申告承認申請書を持参または郵送にて提出した場合に行える確定申告の申告方法です。

日々の売上や経費を複式簿記という一般的な経理知識が必要な方法により帳簿を付けて、それらの合計額を確定申告書に記載して申告する制度の事を青色申告と言います。

青色申告は事業で得た所得(=売上から経費を差し引いた額)から55万円を控除して、所得税を計算してもらえるなど税金が安くなるメリットがあるので、個人てエステサロンを開業された場合は選択される事をオススメします!

なお青色申告承認申請書は、さきほど説明したとおり開業届と同時に無料で作成できる開業freeeで作成可能です。

白色申告とは?


白色申告とは、税務署に青色申告承認申請書を提出していない個人事業主の方が自動的に適用される確定申告の制度です。

単式簿記という比較的簡単な帳簿作成で申告が出来ます。

白色申告は簡単な帳簿作成で申告出来る分、事業で得た所得(=売上から経費を差し引いた額)から一定額を控除して所得税を計算してもらえる特典は白色申告にはありません。
ですから、あまり売上もないので簡単に確定申告を済ませたい方向けの制度とも言えます。

なお白色申告で手軽に確定申告したいなら初期費用0円、月額費用0円で白色申告書が作成出来る、やよいの白色申告 オンラインがおススメです。

導入したら、ずっと0円で白色申告が行えます。更に今なら、電話・メール・チャット・画面共有案内などのサポート付きプランも“初年度半額”キャンペーン実施中ですね。

 

売上と経費

鍼灸院の売上と経費

エステサロンを行う上で、例えば売上や光熱費などの支払いがありますよね。
帳簿をつける際には、この売上や光熱費といった金額の内容の名称を勘定科目と言います。

確定申告時の売上項目

エステサロンを開業された際に売上として確定申告書に報告しなければならないのは下記の項目になります。

  1. 売上(施術料金など)
  2. 売上(店販の商品)
  3. キャンセル料など

確定申告時の経費項目

エステサロンを開業された際に経費として確定申告書に計上出来るのは下記の項目になります。

 

  1. 地代家賃(賃貸物件の場合)
  2. 光熱費
  3. 通信費(電話代やインターネット代・切手代など)
  4. 消耗品(オイル・ペーパータオルやトイレットペーパー、文具など)
  5. 施術に必要な備品の購入代(タオル類など)
  6. 決済手数料(カード決済導入時)など

なお、光熱費などについては、こちらの記事もご参照下さい。
【Q&A】自宅サロン開業!自宅兼店舗の光熱費などの経費割合は確定申告でどう記載する?

 

確定申告時の減価償却とは??

確定申告時の減価償却とは??

個人でエステサロンを開業された際、内装費用や例えばインディバやハイパーナイフなど高額な美容機器を購入する場合がありますよね

この様に長期に渡り使用出来る資産(=固定資産と言います)は、支出した年に一括して経費として計上すると、その年の確定申告の際に経費が膨れ上がってしまいます。

そこでこれらの固定資産は一括して経費としてしするのではなく、複数年にわたり少しずつ経費として処理する仕組みの事を減価償却と言います。

なお確定申告の際に”青色申告”を選択した場合、高額な固定資産でも30万円未満の資産であれば一括で経費計上することができます。
これを少額減価償却資産の特例と言います。

少額減価償却資産の特例を活用するメリットとしては、利益が大幅にでた年は30万円未満の資産であれば一括償却(全額をその年に経費として計上出来る)できるメリットがあります。
つまり黒字を少なくすることで節税対策に繋がるという事ですね。

 

確定申告書の申告方法は?

鍼灸院にオススメの確定申告サービスは?

個人でエステサロンを開業し、青色申告、白色申告どちらで確定申告するにしても帳簿の作成はが必要です。

つまり、帳簿をつけていなければ確定申告を行う事が出来ません。

個人でエステサロンを開業し万が一帳簿をつけていなかった!といった場合は、残った領収書や請求書、銀行通帳などの情報をもとに、事業の経費や売上を計算して帳簿を付ける必要があります。

とはいえ帳簿をつけた事がない方に、いきなり帳簿をつけなさいと言われても、どうしたら良いか分からないですよね。

そこでおススメするの簿記の知識はなくても、お小遣い帳に記入する感覚で手軽に確定申告書が作成出来る、クラウド会計ソフトと呼ばれるサービスです。

クラウド会計はインターネットに接続して利用できる会計ソフトのため、データなどもすべてインターネット上に保管されます。

これらで確定申告書を作成すれば、あとは印刷して印鑑を押して期日までに税務署に郵送すれば確定申告は完了です。

そこで今回は、個人で整骨院を開業した方にオススメしたい大手クラウド会計ソフト3社を比較していきます。

  弥生青色申告オンライン会計ソフトfreee MFクラウド確定申告
初期費用 0円 0円 0円
対応種類青色申告青色申告/白色申告青色申告/白色申告
利用料金
[税込]
セルフ
年8,800円

ベーシック
年13,200円
電話サポート付

 スターター
年12,936円

スタンダード
年26,136円
メールサポート

パーソナル
年12,936円

プラス
年39,336円
電話サポート付

特徴
 最安値&人気No1!レシートをスマホで撮影
簡単に経理処理が出来る
 個人事業主の伸び率No.1

※弥生青色申告オンラインはセルフプラン初年度無料・ベーシックプラン初年度半額キャンペーン中
2021/3/19現在

上記のとおり基本的なサービス概要はどこも同じです。あとは価格面やサポート面の違いやソフトの使い勝手などになります。

そこで、以下は確定申告を行個別に会計ソフトサービスの特徴をまとめていきます。

第1位!やよいの青色申告

シェアNo.1

個人でエステサロンを開業した方にオススメしたいのが法人会計ソフトの老舗、やよいの青色申告 オンラインです。

弥生は2014年にサービス提供を開始し、個人事業主の方に利用されて“シェア56.8%”で最も使われている確定申告のサービスになります。※(2017年3月)-MM総研調べ

クラウド会計ソフト利用シェアNo.1

整骨院を個人で開業された方が初めて青色申告をする場合、青色申告で確定申告書を作成するのに必要な全ての機能が、初年度0円で使えるセルフプランがオススメです。

電話/メール/チャットサポートの利用を希望される方は、ベーシックプランがあります。こちらは初年度は半額の6,600円、次年度は、13200円(税込)になります。

ほかにも初期設定すれば銀行明細、クレジットカードなどの取引データを自動的に取り込んで処理したり、レシートなどスマホアプリで撮影したデータを自動仕訳するので、入力と仕訳の手間が省けます。

EXCELなど多少でも触った事が有る方ならこちらの会計ソフトでも簡単に確定申告出来るとおもいますよ。

第2位!会計freee

経理処理に自信がない方にオススメ!クラウド会計ソフトfreee 月額882円~

初心者に最適

エステサロンを開業されてはじめて個人事業主として確定申告を行う場合でも、直感的に使えるように設計されているのが会計ソフトFreeeです。

ステップに沿って質問に答えるだけで確定申告書類を作成出来る手軽さでが売りの確定申告ソフトです。

また青色申告・白色申告ともに対応しており、ヘルプページやサポート機能も充実。

困った時にはチャットで質問し、即座に問題解決出来るので、2年目も使いたい方は実に97%と人気のサービスです。

初心者に最適な会計ソフト!スマホアプリでより手軽に!

会計ソフトfreeeなら会計・簿記の知識がない初心者でも安心の設計で、銀行・クレジットカードのデータを自動的に取り込んで会計処理(=仕訳)が可能です。

他にもスマホアプリを利用すれば、レシート画像をAIが自動解析し、文字情報から自動で経費まで可能!。高精度なOCR認証が可能なため、レシートの傾きまで補正して読み取りが可能です。

つまりパソコンをお持ちでない方、またはパソコンや会計にまったく自信がない個人事業主さんには、1番便利でオススメの会計ソフト(アプリ)と言えますよね。

第三位!MFクラウド

使い勝手と価格のバランスを選ぶなら!MFクラウド 月額733円~

シェア伸び率No.1

MFクラウド確定申告の特徴

エステサロンを開業されてはじめて個人事業主として確定申告を行う場合、初期費用無料、全機能をフルに使える有料プランは低価格で導入可能なサービスです。

青色申告・白色申告ともに対応しています。

MFクラウド確定申告」は、確定申告や会計・経理業務を、可能な限り自動化し、確定申告や会計処理を簡単で身近なものへと変えるために開発されたクラウド型会計ソフトです。

特徴的な機能としては、仕訳ルールの学習機能、仕訳方法の自動提案などが搭載されています。

まとめ

以上、エステサロンを経営する個人事業主さんの確定申告ガイド2021!経費の仕訳術はいかがでしたか?

実際に税務署に確定申告する場合、確定申告のクラウド会計ソフトを使えばそんなに難しいという事はありません。

基本的に日々の取引を入力すれば必要な確定申告書は自動的に作成してくれます。

なお確定申告書を作成するには日々の支出や入金を帳簿(お小遣い帳のようなもの)に、例えば電話代なら[通信費]、商品を仕入れた場合は[仕入]などルールに決められた名称で入力していきます。

この名称の事を勘定科目というのでこれだけは覚えておきましょう。

ポイント

・エステサロンを開業した場合、税務署に開業届の提出が必要です。
・エステサロンを開業した場合、旦那様の扶養から外れる場合があります。
・エステサロンを開業した場合、年間の合計所得金額が48万円を越えると確定申告が必要です。
・エステサロンを開業し、合計所得金額が38万円を超えているのに確定申告していないと無申告として罰則があります。

 

 

  • この記事を書いた人

ナガイ タツヤ

30歳からの小さなサロンの開業術は、ジャンルを問わず全ての施術者さんにとって開業が身近なものになる様に開業から運営、確定申告など役立つ情報を発信してします。 【経歴】20代で美容室、ネイルサロン・居酒屋のマネジメントを経験。現在は大阪市内で商業不動産のコンサルティング仲介&東京のIT会社で総務経理&神戸でレンタルサロンを運営しています。

-エステサロン, 個人事業主, 確定申告, 自宅サロン
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 30歳からの小さなサロンの開業術 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.