本ページはPRが含まれています

ブランディング 店舗開業 店舗集客 接客術

効果的な集客を生み出す!ポイントカードの作り方

2017年9月10日

効果的な集客を生み出す!ポイントカードの作り方

こんにちは、長井達也です。

今回は「効果的な集客を生み出す!ポイントカードの作り方」についてお話しします。

ポイントカードは、来店回数や利用金額を促進し、特典や割引を提供する一般的な手段としてよく知られています。

しかし、ポイントカードの真の価値はそれだけに留まりません。実際には、顧客満足度の向上や積極的なリピート利用を促進する強力なツールでもあります。

ポイントカードを上手に活用することで、顧客にあなたのサロンを選び続けてもらい、熱心なファンにすることができるのです。

そのために、一般的な割引や特典だけではなく、顧客にとって特別な価値を感じてもらえる特典を用意しましょう。

例えば、ポイントが一定数貯まったら、通常のメニューにはない特別な施術を無料で提供する、あるいは限定グッズをプレゼントするなど、他のサロンでは得られない独自の特典を考えてみてください。

また、ポイントの貯まり方がわかりやすく、利用しやすいシステムを構築しましょう。

例えば、来店ごとにポイントが貯まるシステムや、特定の施術を受けるとボーナスポイントが付与される仕組みなどです。

顧客がポイントの貯まり具合を実感できることで、次回の来店意欲が高まります。

最近では、スマートフォンアプリやQRコードを活用したデジタルポイントカードが普及しています。

デジタル化することで、カードの紛失を防ぎ、ポイントの管理も容易になります。また、プッシュ通知を利用して特典情報やキャンペーンを知らせることで、顧客との接点を増やすことができます。

そして、ポイントカードに関する顧客のフィードバックを積極的に取り入れましょう。

例えば、どんな特典が嬉しいか、ポイントの貯まり方に満足しているかなどをアンケートで尋ね、改善点を見つけて実行することが重要です。

顧客の声を反映することで、ポイントカードの魅力をさらに高めることができます。

以上、ポイントカードは単なる割引ツールではなく、顧客満足度を高め、リピート利用を促進するための重要なツールです。

独自の特典を提供し、利用しやすいシステムを構築し、顧客とのコミュニケーションを強化することで、あなたのサロンの熱心なファンを増やすことができます。

これからポイントカードを導入する際は、ぜひ今回のポイントを参考にしてみてください。

それでは、具体的なポイントカードの作り方について詳しく解説していきます。

 

単純接触効果を狙ったポイントカード

3回来店させる事を目的としたポイントカード

お客様を自分のサロンのファン(顧客)になってもらう為には、ポイントカードをただの割引サービスで終わらせず戦略的に運営する必要があります。

その1つとして単純接触効果について解説します。

「単純接触効果」とは心理学の法則の1つで、人は接する機会に応じて相手に対して好感を抱きやすくなると言うものです。

これは恋愛において用いられる事も多いので女性のセラピストさんならご存知の方も多いのでは?(笑)

単純接触効果の具体的な方法としては短期間に頻繁に会う、相手に対して意識づけするためにちょっとしたプレゼントを用意する事などを行います。こうする事により好感を得ると言うのが単純接触効果の法則ですね。

これをポイントカードを使って同じことを行う事が今回のテーマです。

3回来店させる事を目的としたポイントカード

単純接触効果の法則を具体的に実行する手段として大事なのが、3回来店したら顧客化、10回来店で固定客化するというもの。
これは船井総研でも同様に『3回安定・10回固定』という言葉で言われています。

人は同じお店に3回通うと以後も安定的にそのお店に通う様になり、10回来店すれば固定客(常連)になるというものです。

そこで初来店後の比較的短期間に2回目、3回目の来店をお客様にして頂く事を目標にポイントカードを設計します。
さらにポイントカードでお客様へ小さな目標をいくつも用意して、10回目という大きな目標まで飽きずに楽しみながら来店してもらうように、販促を織り交ぜてポイントカードを作成します。

ポイントカードの作成例

下記はうちでデザインしたポイントカード案です。

初回来店時に1つ押印してお客様にお渡しするので、2回目の来店時には次回(3回目の来店時)使えるヘッドスパ5分無料サービスが付与されます。

そこで、すかさず本日のご来店で「次回ご5分間無料のヘッドスパ」が付与された事をお伝えし、次回ご予約はいつになされますか?と店頭予約を促します。

人は選択肢を用意されると必ずどちらかを答えないといけないという思考になるので、これで3回目の予約まではスムーズに進むケースが多くなります。

ポイントカードの設計方針

新規のお客様にご来店頂くのに、1回目の来店時にはどこのお店でも割引率を高めに設定して来店を即しますよね。
ですのでポイントカードに移行後も割引を全面に押し出してしまうと、どうしても初回割引に比べ見劣りしやすくなります。

見劣りした単純な割引を2回目、3回目とお客様に提示したところで、結局価格目線のお客様に育ててしまう事になり、最終的には他店への浮気を自ら引き起こす様な事になり兼ねません。

そこでおすすめなのが、上記のポイントカードのようにオプションメニューをおまけする事です。
そうする事でお客様に別のメニューも認知して貰えますよね。
ただしここも加減が必要でオプションメニューに有難みがない=価格の重みがなくなるという事態は避けなければなりません。
この辺りは施術中のトークなどでフォローアップが必要です。

LINEショップカード

ポイントカードの選択肢として、LINEショップカードというものがあります。

LINEショップカードとは、スマホなどを中心に無料でチャットや通話を利用できる国内で7,000万人以上が利用するLINEユーザーに対し、オリジナルのポイントカードが無料で作成できるサービスです。
利用にあたっては事前にLINE@(=LINE@とは、ビジネス用の事業者向けLINEアカウントの事です)より、お店専用のアカウントを用意する必要がありますが、ポイントカードを印刷するコストもかからず、予め用意されたテンプレートデザインを選んでクーポンの詳細を自由に設定できます。

個人的におすすめの販促です。

ポイントカードを活用した顧客化戦略

1. 顧客データの収集と活用

ポイントカードの利用により、顧客の来店頻度や利用履歴などのデータを収集することができます。このデータを活用して、顧客一人ひとりに合わせたパーソナライズドなサービスを提供しましょう。例えば、誕生日には特別なクーポンを送る、定期的に来店する顧客には特別なサービスを提供するなど、細やかな対応が顧客の満足度を高めます。

2. コミュニケーションの強化

ポイントカードを通じて顧客とのコミュニケーションを強化しましょう。例えば、ポイントカードにメッセージを書き込んで渡す、次回の予約を促す一言を添えるなど、顧客との接点を大切にすることが重要です。また、定期的なニュースレターやSNSでの情報発信も効果的です。

 

まとめ

以上、ユーザー心理を突く集客術! ささるポイントカード の作り方、いかがでしたでしょうか?

ポイントカードを通じて、お客様に体験を提供することが大切です。例えば、特定のサービスを利用した際に、無料でサンプル商品をプレゼントするなど、お客様があなたのサロンでの体験を楽しむことができる特典を考えましょう。

漠然と顧客に還元するのがポイントカードだとすると、割引をするために発行しているという目的意識を失った販売戦略になります。
3回来店させる事を自ら意識してポイントカードを設計し運営すれば結果は必ずかわりますよ!

  1. ポイントカードは心理学の1つ単純接触効果を活用する
  2. ポイントカードは顧客満足のツールではなく、3回来店させる事が目的のツール
  3. ポイントカードで、お客様を育てる(ファンを作る)事ができる
  • この記事を書いた人

運営者 長井 達也

独立開業を考えている施術者の皆さんに、開業・運営、集客、確定申告などに関する役立つ情報を提供しています。リラクゼーション、エステ、整体、整骨、鍼灸など、ジャンルを問わず独立開業と運営に関する個別コンサルティングも行っています。お気軽にご相談ください。

【経歴】ヘアサロン・ネイルサロン・リラク・鍼灸院の立上げ・居酒屋の立直し・IT企業で総務・経理など幅広い経験があります。現在は商業不動産のリーシングやレンタルサロン運営を行いつつ、コワーキング・農業・陸上養殖・地方創生に興味があります。

-ブランディング, 店舗開業, 店舗集客, 接客術
-, ,

Copyright© 30歳からの失敗しない小さなサロンの開業術 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.