エステサロン サロン運営術 タイ古式マッサージ ネイルサロン まつげエクステサロン リフレクソロジー リラクゼーションサロン 整体院 整骨院 節約術 脱毛サロン 鍼灸院

赤字のサロン店舗をV字回復させる3つの方法!

2018年11月12日

こんにちは、レンタルサロンFELICITE神戸のナガイです。

今回の特集は、”赤字のサロン店舗をV字回復させる3つの方法!”です。

一般的に開業後1年以内に50%以上が閉店、さらに3年以内だと90%ものお店が閉店すると言われています。

ですから赤字閉店というのは、エステサロン・リラクゼーションサロン・ネイルサロンなど業種に関わらず身近に存在します。

そこで赤字体質から脱却出来ずに悩んでいるサロン店舗オーナーに向けて少しでも参考になればとおもい、V字回復の方法をまとめてみました.

 

赤字のサロン店舗をV字回復させる3つの方法!

赤字サロンの店舗をV字回復させる7つの方法!

 

赤字のサロン店舗をV字回復させる上で重要なポイントは3つです。

・誤った判断で実行している事を辞める
・目先の利益を求めない
・固定経費を削減する

 

赤字に陥ると強迫観念から、”なにか新しい事に取り組まないといけない!”と、手っ取り早く出来る事を闇雲に実行したくなりますよね。

しかしその行動は自分の不安を少しでも解消させる事が目的ですから、無駄に労力を消費するだけでV字回復の方法としては程遠いものになりがちです。

そこでまず最初にV字回復の方法として大切なのは、新しく何か行うのではなく、”今、誤った判断で実行している事を辞める事”が重要です。

つまり赤字のサロン店舗と言うのは、赤字になる事を自ら選択し、実行している事に原因があり、その結果として赤字店舗になっています。

ですから、まずは”誤った判断で実行している事をすべて辞める”それが黒字化の最短ルートです。

 

正しい現状認識で赤字のサロン店舗をV字回復させる!

誤った判断で実行している事を辞める事が黒字化への最短ルートと記載しましたが、それには”正しい現状認識”が必要です。

正しい現状認識とは、今まで正解だと思って行った行動の結果が赤字に結びついているので、まずは自分の常識を疑う事から始めます。

例えば開業したサロン店舗が閉店至る原因として、下記の様に1つの判断ミスから派生した負のスパイラルによるものがあります。

1,自分の強みが分からない状態でお店を開業。
2,強味が分からないのでターゲット層を絞り込まずに開業
3,自分の得意とする層と出店地の顧客層とのミスマッチが生まれる。
4,ミスマッチから販促が非効率になり割引などで集客を始める。
5,営業時間や営業日も自分都合で考え、さらにミスマッチが発生する。
6,上記複数の要因から顧客満足度が上がらず、リピート率が上昇しない。
7,リピート率が悪いため新規集客に頼る必要から極端な割引で集客開始。
8,労働時間に対して売上が横ばいし、自分自身のモチベーションが低下。
9,さらに顧客満足が低下する負のスパイラル
10,何をすれば良いのか分からず、手当たり次第に新しい事を始める
11,完全に迷走に陥り、赤字閉店

こう言った負のスパイラルから脱却するためにも、客観的な視点が必要になります。

しかし自分自身を客観視出来ていれば、そもそも赤字サロンにはなっていませんよね。

そこで大切なのが、何も言わず失客していったお客様(サイレントマジョリティ)の声に耳を傾ける必要です。

 

口コミサイトエキテンで客観的意見を集める!

口コミサイトエキテンで客観的意見を集める!

お客様は不満があっても、面と向かって伝えてくれる方は少数です。
いわゆるサイレントマジョリティー、物言わぬ多数派ですね。

この顧客層の不満や要望に耳を傾け、を解決していく事は、赤字サロン店舗を客観視するうえでも大切です。さらに言うならば、今なにも手を打てずに失客させてしまっているお客様を固定顧客化出来れば、売上は劇的に改善していきます。

そこでオススメしたいのがお客様の口コミを簡単に集める事が可能な口コミサイト、【エキテン】の活用です。
エキテンは掲載料無料で自分のサロン店舗を掲載する事が出来ます。

また費用負担なしで、顧客が口コミをすればAmazonのギフト券1000円が抽選であたるスピードくじサービスがあるので、顧客に口コミを促進する事が可能です。

エキテン

目先の利益を捨て赤字のサロン店舗をV字回復させる!

損して得取れと言うことわざがある様に、経営においてもそのような場面は非常に多くあります。

それでは具体的な例でご説明します。

営業日数・営業時間を削減しよう!

赤字サロンの店舗をV字回復させる7つの方法!営業時間を見直そう!

サロン開業し、欲張って休みも取らず長時間の営業時間にも関わらず何故か赤字続きなんて事になっていませんか?

サロン店舗の1か月の売上は下記で決定されます。

1ヶ月の売上=客単価×1日あたりの顧客数×営業日数

しかし、あくまでも決定されるのは”売上”です。営業時間や営業日数を増やしたからといって、売上や”利益率”が必ずしも増えるという事はありませんよね。

むしろダラダラと営業する分、光熱費が上昇したりと非効率が生まれる事すらあります。

またネット予約を導入しているサロン店舗の場合、お客様の立場で考えればスカスカの予約状況のサロン店舗に予約したいなんて思いませんよね。

思い切って目先の利益を捨てて、時間をつくり自分のサロン店舗に対して相対的な評価が出来る様に自分の足らない部分を知る時間を作り、自分の店舗を客観視できる能力を身に付ける必要があります。

例えば自分が覆面調査員になれば、よそのサロンを客観視できますよね。

またサロンの定休日や営業時間を絞る事で、自分のサロンのレンタルサロンとして貸し出して家賃収入を得る事も可能です。

 

営業時間を短縮し覆面調査で赤字サロンをV字回復に繋げよう!

近隣のライバル店の調査は当然お金がかかりますよね。そこでオススメしたいのが、覆面調査員に応募する事。

覆面調査とは簡単な会員登録を行い、後は実際に店舗を訪問し、一般のお客様として各サービスを受け ・予め決められた調査項目に沿って調査を行い、評価(レポート)を提出するというものです。

最大、利用金額の100%が謝礼としてもらえますし業種・業態に関わらず、他のお店はどういうポイントを気にしているのかと言う事も分かりますよね。大手では、覆面調査ミステリーショッパーのファンくるなどが有名です。

 

定休日を増やして赤字サロンをV字回復に繋げよう!

赤字店舗ですぐにやめるべき事は、不定休なんて記載にしてダラダラと営業するぐらいなら定休日を設けてと営業時間を短縮する事です。

先ほども記載しましたがネット予約を導入しているサロン店舗の場合、予約ががら空きだと繁盛店ではないとお客様に印象付けてしまいます。

結果として満足度の低いお店なのだなと想像させてしまうからです。

また定休日を設け、営業時間を縮小したら家賃負担が大変では?と言う方にオススメの解決方法があります。
それは自分のお店を他人に1時間単位で貸し出し、家賃収入を得るという方法です。

日本最大級のスペース掲載数を誇るスペースマーケットに自分のお店を掲載すれば後は、予約の管理から料金の回収、送金まで行ってくれます。

ですから定休日で生まれたアイドルタイムは、自分のお店をレンタルサロンとして貸し出す事で利益を生むことが可能になります。

このあたりはこちらの記事でも詳しく紹介してるので一度ご参照下さい。
自分のサロンで家賃収入を得る!レンタルサロン経営ガイド!開業・運営・集客術!!

また定休日を設けて空いた時間でライバル店の調査や新しい販促アイデアを練るといった時間を捻出する事こそがもっとも大切です。

ちなみに余談ですが、サロン店舗で空きスペースが多いなら副収入と集客が同時に出来るアイデアとしてオススメしたいのが、荷物の預かりビジネスです。

有名どころでいうとecbo cloakて言うサービス。

 

これはお店の空いているスペースを荷物置き場として貸して預かり料を貰うというもので、荷物を置きたい人と荷物を預かりたい人をマッチングさせるサービスです。

まずコストゼロで荷物を預かるというビジネスをスタート出来き、気軽に副収入を得られる点が面白いですよね。

しかしそれ以上に荷物を預かるサロン店舗側としてメリットがあるのが、荷物を預けに来る訪日観光客や今まで来店した事がない日本人の方にも自分のお店を知ってもらう機会に繋がります。

つまり荷物を置きに来たついでに、ちょっとマッサージして帰ってもらうなど、”ついで”の需要を獲得する事が出来ます。

これは使い方によっては有効な集客方法になるとおもいますよ。

 

クレジットカードを決済導入してV字回復しよう!

 

あなたのお店では、クレジットカード決済を導入されていますか?

もし導入されていない理由が、お客様が現金払いではなくカード払いで支払いされたら、決済額の3%~4%を手数料としてカード会社に支払う必要があるから損してしまう!なんて思っていませんか?

その考えは大きな間違いです。なぜなら、「クレジットカード非対応がもたらす機会損失に関する調査2014」という調査結果によると、クレジットカードを保有している方の18%が事前にクレジットカード決済に対応しているお店なのかを調べ、クレジットカードが使えないお店だと分かると、クレジットカードが使える別のお店を選んだ経験が有ると回答しています。

またそれとは別にクレジットカードを保有する方のうち3%の人は、クレジットカードが使えないと知らずに来店し、実際にクレジットカード決済が使えなかったお店には、二度と来店しないか来店回数が減ると回答しています。

つまり自分のお店にクレジットカード決済を導入するだけで、21%もの見込客を手に入れるチャンスが増すという事です。

また自分のお店にクレジットカード決済の導入メリットは分かっても、導入費用が高いと思い躊躇されている方も多いのではないでしょうか?

最近では、低価格で導入可能なスマートフォンやタブレットを使ったスマホ決済(モバイル決済)が急速に普及しています。従来のクレジットカード決済ではキャット端末と呼ばれる10万円前後する機械を購入等する必要がありましたが、スマホ決済ではカード決済を行う端末の価格が5000円程度~とクレジットカード決済導入の敷居は大幅に下がっています。

なお現在、日本国内で利用出来るスマホ決済(モバイル決済)大手3社に共通するのが3つのメリットです。
また下記の通り大手3社は、売上に応じた手数料はどこも3.5%程度と横並びです。では比較ポイントは??

1:初期導入コストの安さ
2:売上に応じた手数料の安さ
3:入金スパンの早さ

Square AirPAYSTORES 決済
 月額利用料0円
端末価格7,980円~
 月額利用料0円
端末価格19,800円
 月額利用料0円
端末価格19,800円
3.25%VISA/Master
3.95%JCB
3.75% 電子マネー
3.24% VISA/Master
3.74%JCB/Diners
3.24% 交通系電子マネー
3.24% VISA/Master
3.74%JCB /Diners
3.24% 電子マネー
カード番号手入力可
メール請求機能
端末実質無料
キャンペーン中
applePAYも対応
端末実質無料
キャンペーン中
(単月20万円以上の決済)

2021/3/30現在

おススメ!スマホ決済(モバイル決済) 第1位 Square スクエア!

Squareはお手元に有るスマホやタブレットをカード決済端末にするサービスで、売上金額に応じて支払う決済手数料は3.25%からと非常に安いのが特徴です。

また従来のキャットを使ったサービスであれば15日~1か月前後であった入金サイクルも、squareなら最短翌営業日に指定口座に振込されるので行われるので、資金繰りに影響が少なく現金感覚で利用出来ます。

 

 

固定経費削減で赤字サロンをV字回復させる!

”固定経費削減で赤字サロンをV字回復させる!

 

例えばあなたのお店で1万円の利益を稼ぐのに必要な売上はいくらでしょうか?
一般的に理美容のサロン店舗の営業利益率は、5%~15%程度と言われています。

つまり10000円の利益を稼ぐために必要な売上は、最大20万円という事ですよね。

その場合、下記の図式になります。

1万円の経費削減 ≒20万円の売上に相当する

以上、もうお分かりかと思いますが毎月発生する固定経費や変動費を削減する事は経営上、大きなメリットが生まれます。

例えばリラクゼーションサロンであれば、最初に着手すべき経費削減のポイントは、この3つです。
----------------------------
・家賃
・通信費(変動費)
・光熱費(変動費)
----------------------------

家賃交渉については下記をご参照下さい。

知らないと損する!店舗物件の賃料(家賃)値下げ交渉術!

通信費や光熱費については、通信会社や電力会社を変更する事で削減可能な場合が多々あります。
一度調べてみてはいかがでしょうか。

電気料金プランを比較して電気代を今よりお安く!【電気チョイス】

まとめ

以上”赤字のサロン店舗をV字回復させる7つの方法! でした。

ざくっとした触りしか記載していませんが、是非実践してほしい内容をまとめてみました。

  • 赤字店舗になる理由は、赤字になる判断と行動をしているから
  • 赤字店舗から脱却するには、今の行動と判断を辞めることから始める
  • この記事を書いた人

ナガイ タツヤ

30歳からの小さなサロンの開業術は、施術者の皆さんにとってサロン開業が身近なものになる様、起業から運営、確定申告など役立つ情報を発信してします。 【経歴】20代で美容室、ネイルサロンのマネジメントを経験。現在は大阪市内で商業不動産のコンサルティング仲介&東京のIT会社で総務経理&神戸でレンタルサロンを運営しています。

-エステサロン, サロン運営術, タイ古式マッサージ, ネイルサロン, まつげエクステサロン, リフレクソロジー, リラクゼーションサロン, 整体院, 整骨院, 節約術, 脱毛サロン, 鍼灸院
-, , ,

Copyright© 30歳からの小さなサロンの開業術 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.